忍者ブログ
ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007/05/16
[232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回に引き続き、薬の話です。

リタリン、コンサータは確かにユタには合っているように思いますが、しかし、その力を発揮するのはやはり環境の影響が大きいかと思われます。

以前書いた記事をご覧頂くとおわかりになるかと思いますが、使用開始直後のユタは、学校では大変荒れました。(→コンサータ、服用開始。  コンサータ、合わないかも・・・。

直ぐに医師に報告し、結局量を増やす事で落ち着きましたが、量を増やした後も荒れる事は度々ありました。

18→27mgに増やしましたが、当時のユタの体重(20kgそこそこ)から考えても、この量は多かったはずです。
(コンサータはリタリンと違い、微調整が利かないのです。)


ところで、医師から処方された薬、一見合わないからといって、素人判断で勝手に減らしたり止めたりするのは大変危険だそうです。
『合わないな』と感じたら、すぐに医師に確認した方が良いみたいです。


学年が変わり、つい一ヶ月前までの荒れ模様は、嘘のように収まりました。

当時、新しい担任の先生はこう仰っていました。

「ユタ君に対するクラスの子供達の雰囲気が凄く悪かった」

と…。

確かにその通りでした。
旧担任の気持ちが、子供たちにも伝染していたのでしょうね。

先生が替わった事で、クラスの雰囲気はものすごく良くなり、ユタの気持ちも安定しました。

相乗作用で、薬もよく効いているように見えるのだと思います。

その後、薬の量を減らす事ができました。(→薬の量減りました。

昨年度、成功経験をたくさんしたお陰で今の安定に繋がっているのでしょう。


薬を飲んでいるだけでは、良い方には作用しない。

周りの環境が一番大事だという事を、身を持って経験したのでした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
薬をやめるタイミング・・・難しいですよね。王子はまだ、発達障害でお薬をもらったことはありませんが、私自身が軽い抗ウツ剤を処方されたことがあり、その時はやめるタイミングが難しく少し不安定になったのを覚えています。その時に回りのフォローがあって乗り切り、今では薬を飲まなくてよくなりました。大人ですらこうなのですから、子供ならなお大変なことだと思います。無理せず頑張ってくださいね
MYU URL 2009/10/06(Tue)00:43:15 edit
無題
MYUさん☆

ユタの場合、薬を止めるタイミングは学校次第・・・って感じですかね(^-^;
やはり成長期には副作用が強いものは極力避けたいし、休日は飲まなくても普通に過ごせるので・・・。
ま、そうは言ってもやっぱりもう少し先になりそうですが(^-^;
副作用の少ない新薬も出たようなので、試してみたい今日この頃です。
なでし子 URL 2009/10/06(Tue)20:36:30 edit
そうだよねw
担任で大きく左右されるのはうちも一緒。
周りの環境さえ整っていれば薬なんてなくても
大丈夫なのに・・・って思うけど、
何十人も一度に見てる先生にそれは難しいのかな。

実際うちでは全く普通の子で困る事も
ほとんどないからね~。
うちは1対1だし、親だから扱いも慣れてるし。

小学校の時、校長に「薬飲ませて落ち着かせろ」的な事言われた時は失望したよw

薬は最終手段だと思ってたのに
先生はやっかい者扱いで、薬で抑えようって
考えが許せなかったし発達障害への
理解の全くない人なんだな・・・って思ったよ。
さき 2009/10/07(Wed)22:12:09 edit
無題
さきさん☆

>何十人も一度に見てる先生にそれは難しいのかな。

でも、子供が何人だろうが目が行き届く先生もいるんですよね。だから「一人で○○人見てるんです!」と言う先生はプライドないのかしら?って思っちゃう。
そういう力のある先生は少数なのかな・・・。

>薬は最終手段だと思ってたのに
先生はやっかい者扱いで、薬で抑えようって
考えが許せなかったし発達障害への
理解の全くない人なんだな・・・って思ったよ。

1・2年の時の担任がまさにそうでした。
そういう先生に二度と当たりませんように(;人;)
なでし子 URL 2009/10/08(Thu)17:46:53 edit
お薬の事
自分のことだったら、飲んだ感じもその効果も副作用も自分で理解できるけど・・・
飲ませる判断をするのは親で、親自身はその効果や作用を観察でしかわからない・・・と言うのが辛いですね。
わが家の息子はリスパダールとニューレプチンという薬を少量服用しています。夜眠れるようにする為です。
いっそのこと、睡眠剤のほうがいいのではないか?素人判断してしまいがちなほど、効果は薄いです。でも飲まないと夜中中起きている時も多いので、確かに効果はあるのだと思いますが・・・
悩む事多々です。

学校での安定は、やっぱり担任の力量にかかっていますよね。
担任一人違うだけで天国と地獄・・・
毎年春が恐いです。
はるぼん URL 2009/10/09(Fri)21:01:35 edit
無題
はるぼんさん☆

息子さん、眠れないのは辛いですね(>_<)
子供のうちから強い薬は・・・というのもありますし、本当に薬って難しいです。

来年の春には、どうなっている事やら・・・
良い先生に恵まれますように(;人;)
なでし子 URL 2009/10/10(Sat)19:37:28 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
なでし子
性別:
女性
自己紹介:
なでし子♀
■ユタの母。
■山羊座のA型。
■独身。
■韓国ドラマ好き。
■アルトサックスを少々。

ユタ♂
■なでし子の愛息。
■2000年生まれ。山羊座のA型。
■ADHD(注意欠陥多動性障害)児。
■好きな映画:ホーム・アローン
■好きな戦国武将:伊達政宗
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[04/27 なでし子]
[04/27 なでし子]
[04/27 ポカラ]
[04/27 まさみ]
[01/28 なでし子]
オススメ
□オススメ本□

■読んで学べるADHDのペアレントトレーニング
シンシア・ウィッタム/著

■恋するように子育てしよう!
河原ノリエ/榊原洋一

■窓ぎわのトットちゃん
黒柳徹子/著

■先生が明日からできること。
金子晴恵/著

■のび太・ジャイアン症候群
司馬理英子/著

■ADHDこれで子どもが変わる
司馬理英子/著
■ADHD子どもが輝く親と教師の接し方
司馬理英子/著
■家族のADHD・大人のADHDお母さんセラピー
司馬理英子/著


■発達障害と家族支援
中田洋二郎/著

■発達障がいを持つ子の「いいところ」応援計画
阿部利彦/著

■育てにくい子にはわけがある
木村順/著

■日本・世界のおはなし101話
寝る前の読み聞かせに☆




■とびだししかけ絵本 オズの魔法使い<日本語版>
The Wonderful Wizard of Oz

■10分で読める名作(4年生)
朝の10分読書におすすめ☆

■10分で読める名作6学年セット(全6巻)

■葉っぱのフレディ
レオ・バスカーリア/みらいなな

 



□オススメグッズ□

■自転車用ワンタッチ傘スタンド
オシャレさすべえ
ブログ内検索
カウンタ
メールフォーム
フリーエリア

ヒデキカンレキ


やわらか戦車



QRコード
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り