忍者ブログ
ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007/05/16
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は、定期的にユタの担任の先生と面談をしています。


ユタの多動・衝動真っ盛りの時期は過ぎ、今ちょうど第二段階にさしかかる頃。。。

“注意欠陥”部分が目立ってきました。
 

例えば、口頭での指示を聞き分けるのが苦手。

なので、宿題などを口頭で言われても理解できず、結果やらずに叱られる・・・。


面談時に、ここ数回の宿題忘れを指摘され、連絡帳に書いていない宿題があった事が発覚!

いえ、ユタは宿題がある事は分かっていたのですが、何をやって良いのかが分からなかった。

「算数の復習」と聞いても、私も何をやらせたら良いのか分からず、二日ほど放置してしまいまして。。。


その事を先生に伝えたところ、「ちゃんと言ってるし、皆わかっているのになぁ!」との事。


確かに見た目は普通、一時のような衝動性もなく、皆と同じ事ができたり、時にはそれ以上だったり・・・この2年で随分成長しているので、「そんな簡単なこと」ができないはずは・・・のワナにはまるのでしょう。


算数は、クラスが二つに分かれていて、それぞれ範囲が違うので、黒板には書かないのだそうです。

高学年になると、これ以上の事は・・・とな; ̄ロ ̄)!!

グレイトティーチャー!!あんたからそんな言葉が出るなんて、マジがっかりだぜ。。。


やっぱり“発達障害”を理解していないんだね。


中学に入ると課題の提出などが大変になるので、今のうちから・・・と仰るのですが、そこが『特別支援教育』じゃないのでしょうか?


では、どうすれば良いのでしょう?って・・・

意外と簡単に解決できる事じゃないかしら?ね?皆さんもそう思うでしょう??


きっと、他にも困っているお子さんがいると思うのです。

ただ、衝動性と比べて目立たないのでつい見過ごされてしまう・・・。

主張が出来ない彼らは、分からないまま時が過ぎてゆく・・・。


3年生で初めて受け持って貰った時、目標はたった一つ、「暴力をなくす事」でした。

もちろん、それが最重要事項で、一番大変な事ではあったのですが、そこはグレイトなティーチャー、見事、あっさりクリアできたんですよね。

下がっていた自己評価も、相当上げて下さいました。


今も、ベースは一緒、でも、第二段階の現在、なかなか明確な目標が定まらず、困惑している模様です。

だからさ、もう一度コレ読んでみてよ↓

                   


もう少し勉強して欲しいなぁ、とも思いますが、でも、毎回こうやってお話させて頂くと、良い情報交換になり、「どうしたら良いのか分からない」と言いつつも、私の言葉を聞いて理解してくれようとするので(そこがグレイト!)、大変ありがたくもあります。

そして、やっぱり話さないとわからないもんだなぁ、と感じます。

まだまだ、問題は山積みですが、少しずつ理解を得て行かなくては!!


ヨロシク!ティーチャー!!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪
にほんブログ村  

拍手[1回]

失言先生。(参照→『失言先生』。

今年度の人事異動で、他校へ異動になってしまいました。

はい、決して悪い方ではないんです。話もしやすいですし。それに、ベテランの養護教諭だったので、頼りにもなりました。


そんな失言先生、行事の度に観に来て下さいまして、もちろん今回の学芸会にもお出ましでござんす。

そして、また傷付けられたあたい・・・。


まず、

「ユタ君、ちゃんと歌ってたじゃない!去年なんか全然歌ってなかったのに~。」

と軽いジャブ。

は?去年は連合音楽会もありましたし、今年よりしっかりやってましたけど、何か?


それから、

「ホント、成長したよね~。ハサミで人の髪の毛切った子とは思えないよね~!」

は?確かに危険な事多々やりましたけど、人様の髪の毛切ったこたぁねぇよ!


あの・・・誰かと間違っているのでしょうか・・・

しかも、ここ(体育館、人大勢)で話す事でしょうか・・・


通級もそろそろ退級の方向で考えています、と言った事に対し、

失言「今は落ち着いているのね。でも、中学でどうなるかねぇ。(と怪訝そうな顔)」

私「まぁ、隣の中学(小規模)ですし・・・」

失言「でも、環境が変わるからさぁ。」


相変わらずな失言に、完全KO。


はぁ????

そりゃ、未来の事なんざぁ誰にも分からないよ。

でもさ、これまで少しずつでも成長した実績があるの!

あんたらが整えてくれなかった環境の中で精一杯頑張ってきて、やっと理解のある担任にめぐり合えて、ここまで来たの!


悪い人間じゃぁないんだけどねぇ・・・成長を喜んでくれているのも分かるんだけどねぇ・・・


失言っぷりは健在でした。残念



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪
にほんブログ村  

拍手[2回]

「逃げたい」シリーズ↓
嫌な事から逃げたい。 
続・嫌な事から逃げたい。 
嫌な事から逃げたい。番外 
嫌な事から逃げたい。3


無事に、学芸会が終わりました。


まず、出来栄えの方ですが・・・

前評判(?)よりはずっと良かったです。子供の力はすごい!

全体的にレベルが落ちた感は否めませんが(^-^;


何も知らない親御さん達は「良かった(*^_^*)」と満足気でしたし、終わり良ければ全て良し!

と、相成りたいところですが・・・


実は、前日にまた楽器チェンジがありました。

ピアニカからキーボードへ・・・キーボードが一台余ったから、誰かやりたい人~、ってなったそうで、ユタが挙手して決まったそうです。
(もう一曲は、アコーディオン。しかも出来は40%とな。)

楽譜も同じだし、ピアニカよりは目立つポジション・・・

でも、それで良いの?!


今どきって、それが当たり前なのでしょうか・・・

良くする為に変えて行く事も大事なのでしょうか・・・

それで、「一度決めたら投げ出さない」という教えは通じるのでしょうか・・・


私には分からないので、ちょいと疑問をぶつけてみようかと思います。


何はともあれ、無事に学芸会も終わった事ですので、このシリーズ、これにて終了でござんす<(_ _)>



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪
にほんブログ村  

拍手[0回]

「逃げたい」シリーズ→嫌な事から逃げたい。 続・嫌な事から逃げたい。 嫌な事から逃げたい。番外


その後、音楽の練習はと言うと・・・

ユタは、諦めて(?)アコーディオンの練習に取り組んでいるようです。

愚痴も言わなくなりました(^-^;


しかし、会を来週に控えた今週、またもや楽器チェンジがあったそうです。

木琴と鉄琴の人数のバランスが悪いので、一人、鉄琴→木琴に変わったとか。


えぇーーー???


木琴と鉄琴って形は似てるけど、奏でる旋律が全然違うじゃん!!

と、先生からご指名された子も、焦って練習しているいるようなのですが・・・


つーかさぁ、パート分けの初めの段階でそんなの分かりますよね?

百歩譲って分からなかったしても、もっと早い段階で発覚しますよね??


それはさておき・・・

そしたら今度は、元々木琴担当だった違う女子が突然、

「やっぱり木琴やーめた。鉄琴になる(-ε-)」とわがまま言って、それを先生はホイホイ受けて、変わっちゃったんですって。

じゃあ、なんの為に私が変わったんだ?!と、ご指名女子。

要は、意味のないトレード・・・この期に及んで・・・。


と、昨日夕食を共にした、ご指名女子親子からその話を聞いたんですけど(^-^;


ユタは「そうなんだよ!何でボクだけ変わっちゃいけないんだよ?しかも、あんなに怒られてさ(`ε´)」とな。


そりゃそうだ。


要領の良い子なら、もっと上手く立ち回るのでしょうが、健さんばりに不器用なユタは「俺も変わりたいんだから変えろよ~!」ってなっちゃって、結果、大カミナリを頂戴してしまった訳ですが。


私は今日まで、楽器を変わった子達は「嫌だから」という理由ではなく、構成上やむを得ない事情もあるものだと思っていました・・・

という話を、教育センターの先生に話をしたところ、ユタの場合は、その背景にある事情を察する事が苦手だから、「ボクだけ・・・」とならないように、本当は納得できるように説明して貰えると良かったんですけどね、との事でしたが。。。


が、実際に、「嫌になったらから辞めた」って子が存在した訳です。

そりゃ、説明のしようもないがな( ̄ー ̄;


この際、構成ミスとか、采配が出来ないとか、先生の力量は置いておいて・・・

そして、音楽の授業が、人間の一生に及ぼす影響力がどの程度なのかも分からないけど・・・


「一度決めたものを、容易く変えるな!!」


その指導方針だけは、ぶれないで欲しいものです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪
にほんブログ村  

拍手[0回]

ユタは、字が汚い。

丁寧に書けば綺麗に書けるのに、それをやろうとしない。。。

以前、心理の先生から、ユタの特性からして、文字がマス目に入らなかったり、正確に覚える事が苦手かもしれない、と言われた事があるが、傾向はあるけどそこまで困難ではない模様。

丁寧に、気持ちを入れて書くと、きっともっと覚えられるのだろうに。


毎週、漢字ノートの宿題があり、評価はほとんど「C」。(S~Dランク・・・の間に、○とか´とか入る)

1学期末には先生から「今年中に、目指せB!」と書かれてましてね(^-^;

担任の先生は、一緒に心理の先生のお話を聞いているので、その部分も加味してくれてはいるようなのですが、評価は正当に。

なもんだから、通知表の書写の評価は3段階の一番下なんすε-(ーдー)ハァ


ある日、凄まじく物欲の強い男がこう言った。


「もし、漢字でA取ったら○○買ってくれる?」


そう来たか; ̄ロ ̄)!!

つーかさぁ、CからいきなりAになるわけないじゃん!先生だって、まずはBって言ってんだしさ(^-^;

と思った私は、安易に引き受けてしまったわけだが・・・。


もう、その集中力たるものや・・・結果、Aを取ってしまったんです( ̄ー ̄;

先生~!甘ーーーーーい!!!甘すぎるぜよ!

本当は、そこまで綺麗じゃなかったけど、頑張りを認めてくれての評価だったそうですが(^-^;


やっぱり、やれば出来るんだよ。。。ま、ニンジンはぶら下がっていたワケだけどね。


本人は、評価された事にそれなりの喜びを感じられたようで、次も頑張る!となるかと思いきや・・・少し経つと、また崩れてきた; ̄ロ ̄)!!


字を丁寧に書くって、すごく大事だと思うんです。そして、それって「慣れ」だと思うんです。って、小5にして今更・・・なんすけど(^-^;


本当は、餌で釣るのは良い事ではないのでしょうが、定着するまで、しかもユタのような子供には、それもアリかな・・・と思います。


こうなったら、ヤツのもう一つの特性〈物欲〉を利用してやるぜΨ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪
にほんブログ村  

拍手[0回]

担任の先生に、事実確認をしました。


どうやら、音楽の時間にユタが、「アコーディオン難しいから出来ない。努力もしたくない。だから変えてくれ。」

と、何とも舐めた態度で、皆の士気が下がるような事を言い放ったらしい。


そうでしたか・・・( ̄ー ̄;


なら話は早い。

担任の先生の考えは、私と同様、

「一度決めた楽器は、ナニが何でもやり通せ。出来なければ、出来るところまでやれ。さもなければ、出るな!」

という事でした。

で、翌日、一時間使ってがっつりユタを絞ったそうです( ̄ー ̄;


「嫌な事から 簡単に逃げるな!」

そういう教えなら、安心です。


じゃあ、私が心配していた「今更、楽器変更」は、ないんだ。

良かった♪チャンチャン♪


・・・で、良いのか??


何か、私が思っていた事と全然違うやん。。。


ユタの態度の悪さは分かりました。

しかし、なぜそういう態度を取ったのか?!原因はイマイチはっきりしません。

それに、本人は悪びれた様子一切なし; ̄ロ ̄)!!でもって、「先生は、楽器変えてくれるって言ったよ」って、まだ言うか; ̄ロ ̄)!!


担任曰く、音楽の先生は、「楽器を変えてあげる」とは一言も言っていない、との事でしたが、ならその日のうちに解決できる話っすよね?

それを聞かなければ、私だって口を出す事もなかったし、先生がその時一言、「楽器は変えません。出来なくてもやれるところまで頑張りなさい。」と一喝すれば、それで終わりっすよね?

なぜ、現場を見ていない担任と親が出て行かにゃあならんのだ??


何とも不可解な事件でした。。。

毎度、行事の度に何かが起こるなぁ。。。


あ、この音楽の先生、以前記事にもした事ありますが(→なんだかなぁ。)、故に、余計不安が募ってしまいました(・・;)


ところで、やっぱり「嫌な事から逃げたい」というのは、子供なら、いや大人でも往々にしてありますよね。

でも、人生逃げてばかりはいられない。

こうやって、少しずつ学んで貰いたいものです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪
にほんブログ村  

拍手[1回]

プロフィール
HN:
なでし子
性別:
女性
自己紹介:
なでし子♀
■ユタの母。
■山羊座のA型。
■独身。
■韓国ドラマ好き。
■アルトサックスを少々。

ユタ♂
■なでし子の愛息。
■2000年生まれ。山羊座のA型。
■ADHD(注意欠陥多動性障害)児。
■好きな映画:ホーム・アローン
■好きな戦国武将:伊達政宗
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/27 なでし子]
[04/27 なでし子]
[04/27 ポカラ]
[04/27 まさみ]
[01/28 なでし子]
オススメ
□オススメ本□

■読んで学べるADHDのペアレントトレーニング
シンシア・ウィッタム/著

■恋するように子育てしよう!
河原ノリエ/榊原洋一

■窓ぎわのトットちゃん
黒柳徹子/著

■先生が明日からできること。
金子晴恵/著

■のび太・ジャイアン症候群
司馬理英子/著

■ADHDこれで子どもが変わる
司馬理英子/著
■ADHD子どもが輝く親と教師の接し方
司馬理英子/著
■家族のADHD・大人のADHDお母さんセラピー
司馬理英子/著


■発達障害と家族支援
中田洋二郎/著

■発達障がいを持つ子の「いいところ」応援計画
阿部利彦/著

■育てにくい子にはわけがある
木村順/著

■日本・世界のおはなし101話
寝る前の読み聞かせに☆




■とびだししかけ絵本 オズの魔法使い<日本語版>
The Wonderful Wizard of Oz

■10分で読める名作(4年生)
朝の10分読書におすすめ☆

■10分で読める名作6学年セット(全6巻)

■葉っぱのフレディ
レオ・バスカーリア/みらいなな

 



□オススメグッズ□

■自転車用ワンタッチ傘スタンド
オシャレさすべえ
ブログ内検索
カウンタ
メールフォーム
フリーエリア

ヒデキカンレキ


やわらか戦車



QRコード
忍者ブログ [PR]
♥  素材提供:ふわふわ。り